----------Ads by Google----------

2012年06月30日

伝説のギャンブラーから学ぶ勝率50%の賭けでの必勝法

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
最近順位が落ちてきてるから、みんな頼むぜ! 

偶然のチカラ (集英社新書)という本を読んだ事があるだろうか?

この本の一節に
『人間はだれしも、自分が選んだ事にとらわれて自由な判断が出来なくなる』

という言葉がある。

自分に取って関係のない人間が決めたルールは影響が無いのだが
一度でも自分の意見が加わったときに
誰もがそれに多少の責任を感じるようになるのだ。

つまり意思決定におけるプロセスを
ちょっとした軽はずみで決めたとしても
その効果は大きな影響となって現れるわけだ。

トレードで言えば、自分主体で考えた場合
自分の判断にとらわれて身動きが取れなくなってしまう。
コレが相場状況に合わない物だとしても
そのルールを守らざる得なくなってしまうのだ。

プロのギャンブラーやトレーダーには必ずある
『ルールを守らないというルール』
この事が理解出来なければ、勝ち続ける事は出来なくなる。

森巣博の本にこんなエピソードがあった。
イギリスのディーラーの話だが
チャーリーディックスという男の話だ。

この男は、勝率が正確に50%であるなら
どんなに金額の大きい賭けでも引き受けた。
しかし2つの条件を踏まえてのはなしだ。

この2つの条件について森巣氏は
『私の経験則とも合致する必勝法である
 しかし何故だかは知らない、だが確かにそうである』と言っている。

その必勝法ともいえる2つの条件とは
(1)掛け金が大きい事。
   その金を失うと死ぬほどの被害を被るような金額であれば
   大きければ大きいほど望ましい。

(2)コイントスを行うのであれば
   表が出ると思うなら表と、裏なら裏と
   賭けを申し出た側の人間が先にコールする。

確かにこの話は非常に理解出来る。
ギャンブルってのは先にコールした方が負けだ。
それくらい大きな負荷がかかる事は経験的に間違いない。

トレードで一番苦労したのはコレだ。
相手の出方が理解出来ないから毎回自分が先にコールしてる気になる。

でも検証を重ねると変わってくるのだが
相場の動きを見てから入れるというのがトレードの面白い所だ。
この間合いが理解出来たら、つねに相場が先にコールするようになる。

まあ、偶然のチカラは結構面白いから。
普通の相場本に飽きてる奴は読んだ方が良い。
こういった所から面白い気づきに出会う可能性がある。

面白いと感じてくれたら、ポチッとおうえんしてくれぃ!
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ

  <丁半博打バイナリーオプションの人気記事>


【ギャンブルの考察の最新記事】
posted by 天下一博徒 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブルの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


バイナリーの稼ぎ方を知らないなら迷わずコレ!
仕事運もギャンブル運も無いような人は最後の方法として使ってください。
一日に10万で良いのなら、私があなたを稼がせて見せましょう!

バイナリーの攻略法を75ページにわたり無料で提供しています!
本商品はバイナリーオプション攻略の教材です。75ページは無料でプレゼント中
カナリ厳しい事を書いてありますが、それでも勝ちたい人だけ読んでください。

あの自動売買ソフトがまさかの価格破壊!?
バイナリーオプション業界を震撼させた伝説のあの自動売買ソフトが!?
『他の商材なんて机上の空論ですよ』と吐き捨てるコイツの正体は!!!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277887314

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。